入れ歯・義歯革命/歯医者・歯科医院

サイトマップ[1][2]
入れ歯至急相談室改訂版 究極の入れ歯-MTコネクターのパンフレット
患者さんへ 歯科医師の方へ MTC歯科臨床研究会へのご招待ログイン
最終更新日: 10月27日

ラジオ

「宮野たかよしの入れ歯革命」
OBCラジオ大阪(1314 KHz)「ビタミント」 PM18:15~18:19 毎週木曜日
に宮野たかよしが出演しております。お相手は橘高邦子さんです。
※音声を聞ける環境で下のラジオプレイヤーをクリックして下さい。
radio_62,63,64,65,66の内容はMTコネクター誕生秘話でとても重要な内容となっております。(by 運営者)

ラボネットの目的

究極の入れ歯MTコネクター(MTC)は全国で唯一(株)大阪歯科センターが製作しています。私のところには全国から患者さんが来られますが、遠方であるという理由でどうしても大阪まで通えなかった人が今までたくさんいらっしゃるのです。遠方の方でも直接お会いし、話を聞いて目の前で入れ歯を作るほうがよい結果が得られ理想的ですが、どうしても通えない患者さんのためにこのホームページを立ち上げました。遠方の場合でも私が入れ歯をつくることに変わりありませんが、その場合歯科医師と私が互いに連絡を取り合い、患者さんにピッタリの入れ歯をつくっていきます。その際、宮野たかよしが確かにあなたの入れ歯をつくりましたという証明書を発行します。

  これから紹介する全く新しい発想の入れ歯「MTコネクターR」は入れ歯に悩んでいる患者さんから生の声を聞き、なんとかしたいという思いにかられて、一つ一つ心を込めて入れ歯づくりをしていくうちに完成したものです。気がつけば、床もクラスプ(歯にとめるバネ)もない、夢のような入れ歯ができあがっていました。

  いままでクラスプのない入れ歯がなかったわけではありません。アタッチメントや磁石(マグネット)をつけたり、歯と同じ色の樹脂でバネを作るものなどがありました。しかし、装置が複雑だったり、取り扱いに注意を要したりして、決して満足のいくものではありませんでした。

  私が考案したMTコネクターは、アタッチメントやマグネットのような余計なものは、いっさいついていません。それどころか、これ以上省けるものはないくらい部品を省いた、限りなくシンプルな入れ歯です。それでもしっかり口にはまり、落ちたりはずれたりすることがないのは、MTコネクターが特殊な角度で口にはまり、粘膜に支えられているからです。したがって、残存歯ではなく歯ぐきに負担がかかり、噛めば噛むほど歯ぐきが鍛えられていきます。従来の入れ歯のように歯を痛めることがなく、むしろ歯ぐきを引き締め、健康にする入れ歯なのです。

  MTコネクターは、入れ歯をはめているという違和感がなく、しかも外から入れ歯をはめていることがわかりません。これまでの入れ歯とはまったく違う快適さです。この快適さを、ぜひ今入れ歯をはめている人に味わっていただきたいと思います。一度はめたら、きっと入れ歯に対する価値観が180度変わるでしょう。

  クラスプや床のない入れ歯をこれまでだれも考えつくことはありませんでした。その技術が認められて、平成16年12月にMTコネクターに特許がおりました(特許権者(株)大阪歯科センター 特許第3626752号)。入れ歯業界にとっても快挙といえるのではないでしょうか。

  将来、この技術が世界を駆けめぐり、世界中の人がMTコネクターを愛用するようになるかもしれません。そのとき、私たちが学んできた入れ歯のテクニックは過去の遺物となり入れ歯をめぐる環境も一変しているでしょう。

  いまは一人でも多くの歯科医師、歯科技工士にこの技術を広めることが私の使命だと思っています。

宮野たかよし
「歯科技工士が書いた究極の入れ歯MTコネクターのすべて バネのない入れ歯が人生を変える!」より
患者さんへ 歯科医師の方へ
大阪歯科センター/入れ歯治療